代表あいさつ

この度は、弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。

HUS DESIGN代表の山田紘明です。

 

わたしは小さな頃からものをつくることが好きで、美大の建築学科へ進学しました。

美術大学では、デザインとはただ単見た目が良いものをつくることではなく、クライアントをよく観察し、課題や問題点や強みを見極め、社会や時代や市場を考慮し、問題を解決する方法をクリエイティブに考え出し、それを可視化して伝わるかたちに落とし込んでいくことだと教えられました。

特に、住宅を設計するということは、クライアントの家族構成やライフスタイルを読み解くと同時に、敷地の特性を読み解き、クライアントが求めるライフスタイルが実現するようにカタチにしていくことだと教えられました。

 

また、人々が気持ちよく暮らせる空間は何だろうと考えていた時に、自身の暮らしの原点といえる祖母の家が浮かびました。築150年の民家だった祖母の家は茅葺きでカマドで火をくべ、五右衛門風呂。敷地内の畑で野菜を収穫し、同じく敷地内の林で薪を集める暮らし。縁側からはその風景が一望でき、注ぎ込む日差しの中で昼寝をするような暮らしを経験しました。

そして、その心地よさを自身の建築で表現したいと考えるようになりました。

 

大学卒業後は京都に移り、龍安寺で植木の職人、伏見で神具の職人として働くことで、伝統的な仕事を体験しながら心地のよさについて研究していました。

その結果、心地のよさは自然の恵みを活かすこと、素材の強みを活かすことだと分かりました。

その後、大阪に移り、(株)日建ハウジングシステム、住友不動産(株)などで建築に必要な実務の経験を積み、2014年に独立。

HUS DESIGN(株)を設立しました。

 

HUS DESIGNでは心地のよい家づくりを大切にしています。

そのために設計監理はわたし自身が担当し、施工はわたしが選んだつくり手たちが担当します。

設計から施工まで一貫した体制で、クライアントのために皆で協力しながら家づくりを進めていきます。

 

ホームページでお伝えできることは限られています。

弊社に興味をもっていただき、家づくりやリノベーションをご検討されている方は、まずはご連絡いただき、ご相談していただければと思います。

 

 


企業理念

 

建築で人々の暮らしをデザインする

 


略歴

 

兵庫県生まれ
武蔵野美術大学建築学科卒
龍安寺植木職
神具職人
株式会社日建ハウジングシステム
住友不動産株式会社