大阪のリノベーションの現場。解体工事がおわり、梁補強がすすんでいます。

間取りを変更するときに、邪魔になる柱を抜いていきます。抜ける柱と抜けない柱がありますが、柱を抜いた分だけ補強をする必要があります。そのひとつが梁補強です。

年数がたった木に対して、白っぽい新しい木。これが新たに補強でいれている新設の梁です。古い梁と新しい梁を金物で緊結していきます。これまで2階の床を支えていた床組の部材が小さいので、新しく床組をつくっていきます。

 

 

 

下の写真はこれから吹き抜けになる部分です。2つの新しい梁の間が、吹き抜け部分です。広さは3帖程度。

 

 

 

 

 

床下は防湿コンクリートを打設するための準備中。コンクリートを打設する前にメッシュ筋を敷いています。

 

 

 

現場はこれから耐震補強工事にはいっていきます。

 

——————————————————————————————
北摂、大阪市で住宅のリフォーム・リノベーション、耐震補強を
お考えの方、HUS DESIGN株式会社にご相談ください。
◆メールでのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
◆電話でのお問い合わせ:06-7175-8241
——————————————————————————————