これからの暮らしを考えて、これまで住んでいたお家を全面リノベーション。

子どもたちもそれぞれ独立した、50代ご夫妻との住まい再生の家づくりです。

 

ライフスタイルに合わないリフォームパックと標準仕様

ご主人様の定年が近づいたのをきっかけに、これまで住んでいたお家を全面的にリノベーションすることにしたご夫妻。

大きな工事をする時は、3社ぐらいから見積りをとった方がいいよとの友人の助言もあり、まずは2社に声をかけました。

 

1つは大手ハウスメーカー。もうひとつは知り合いの建築業者。

2社それぞれとの打合せが始まりました。

各社それぞれ要望を聞いてプランを提案してくれました。

 

 

大手ハウスメーカーとの打合せでは「うちのリフォームはパック商品なので、これはできません。」と言われることがたくさんありました。また、こんなものを使いたいと伝えても「標準仕様ではないので使えません。」と言われることもありました。

知り合いの建築業者は、よく聞いてみるとビルが専門で戸建ての住宅はほどんどやったことがないというでした。

2社と何回も打合せを重ねましたが、どちらからも気に入ったプランは出てきませんでした。

 

どちらでも好きな方に決めていいよとご主人様。

どちらにも決めることができない奥様。

 

そして、弊社の完成内覧会にお越し頂いたご縁で、奥様からご連絡を頂きました。

 

コミュニケーションを大切に

はじめてお伺いした日、奥様はとても疲れているように感じました。

「大丈夫ですか?」とわたしが訊ねると「大丈夫じゃないよ。」と奥様。

3ヶ月以上もプランの打合せを続けたのに、自分たちが想い描くプランができず、辛くて疲れてしまったとのことでした。

また、パックリフォームや標準仕様が自分たちのライフスタイルに合わないのではと感じていました。

今まで集めた、たくさんの住宅雑誌を捨ててしまおうかとも思われていました。

 

改めて、奥様のご要望などをじっくり聞かせて頂くことにしました。

これまでの暮らしで困っていること、これからの暮らしで実現したいこと。

 

わたしはご夫妻のご要望と建物を見比べて、「実現できる」と思いました。

そして、その場でラフプランを作成しました。

ほぼすべてのご要望がつまったラフプランです。

「こんな感じでプランをつくってみますね。」とわたしがお伝えすると「やっと楽しくなってきた。」と笑顔の奥様。

 

 

 

家づくりは楽しいものであってほしいとわたしは考えています。

ひとつひとつオーダーメイドなので手間はかかりますが、笑顔でつくっていけることは、とても大切なことだと思います。

 

プラン作成から耐震補強工事

わたしたちがご提案したプランは、これまでのものと大きく異なりました。

少し増築することで、諦めていたご要望の多くを実現することができました。

また、標準仕様じゃないからできないと言われていたイタリア製の洗面台も弊社では使って頂けます。

洗面台は、見せてもらった雑誌の切り抜きから探しました。

これまでたくさん集めていた住宅雑誌が役に立ちました。

 

プランの打合せを進めながら、耐震補強の計画もしました。

約築40年の木造建物を、兵庫県の耐震基準値になるように、耐震補強しました。

 

 

設備や建材も、ライフスタイルに合わせたものをご提案させて頂きながら、計画は進みました。

お引き渡し

工事中は仮住まいに引っ越して頂きました。

全体的に落ち着いた雰囲気で、明るく。

そんなことを意識しながら、つくらせて頂きました。

お引き渡しの日に奥様から「あの時、妥協せずにこの家ができて本当によかった。楽しかったね。」とおっしゃって頂き、わたしも声を掛けて頂いて本当に良かったと感じました。

 

 

この他のおすすめ記事はこちら

 

大阪・北摂・阪神の新築・デザインリノベーションはHUS DESIGN。
ライフスタイルに合わせた、おしゃれな空間づくりを大切にしています。

 

[button text=メールでのお問い合わせはこちら href=https://husdesign.co.jp/contact target=_self]