マンションなど、はじめから収納スペースが少ないお家でオススメの収納方法をご紹介します。

 

戸建てのお家に比べてマンションにはクローゼットなど、作り付けの収納が少ないと感じている方が多いのではないでしょうか

70㎡〜80㎡程度の3LDKが一般的な規格になっていて、なかなか収納を広く確保できていないように感じます。

また、住んでみてから気づく場合が多く、家具を置いて対応していくことになりがちです。

 

収納を確保するためには仕方ないんですが、いろいろな高さの家具が部屋にあることで雑然とした雰囲気になりがちです。

 

そこで、弊社が過去に実際に提案した、スッキリ収納する方法をご紹介します。

 

おすすめしたのは「壁面収納」

壁一面を収納にしてしまう方法です。

 

特徴は、それぞれのお家の壁面のサイズに合わせて、オーダーメイドで収納をつくるところ。

一見、壁のように見えて、できあがりがとてもスッキリします

書類などのあまり奥行きを必要としないような収納に壁面収納を使うことが、おすすめです。

本棚にファイルを並べると背表紙の色のバラツキで、空間が雑然としてしまいます。

 

また、テレビ台を一緒に兼ねることも可能です。

お好みにもよりますが、扉の色を白色にすることで壁みたいになって、存在感や圧迫感をなくすことができます。

 

 

壁面収納は比較的高価というイメージがあるかもしれません。

たしかにパナソニックやリクシルなどのメーカーが出している壁面収納は高価なものが多いと思います。

 

今回のご提案では、品質やデザイン性を確保しながら適正価格を実現さています。

写真の壁面収納が、弊社で施工させて頂いたものです。

ひとつのハコを規格化することでコストを調整しています。

面材には低圧メラミンを使っていて、有名メーカーのものと比べても、仕上がりはキレイです。

 

壁面収納で必要な収納スペースを確保して頂くことで、スッキリたくさん片付けることができます

 

 

 この他のおすすめ記事はこちら

 

 

大阪・北摂・阪神の新築・デザインリノベーションはHUS DESIGN。
ライフスタイルに合わせた、おしゃれな空間づくりを大切にしています。

 

[button text=メールでのお問い合わせはこちら href=https://husdesign.co.jp/contact target=_self]

 

 

▼役に立ったと思ったらシェアしていただけますと嬉しいです