家を建て替えたり、全面的なリフォーム工事をする時は、家をあけなくてはならないので仮住まいが必要になります。

大規模なリフォームの場合でも、住みながらの工事ができず、家をあけなくてはならない場合があります。例えば階段を架け替えるような大きな間取変更をする工事や、水廻りすべてを一新してしまうような場合などです。

 

そんな時の仮住まい先ですが、他に家を持っておられたり、近くに空家があって、直接貸もらえる場合などがあります。こういった場合は、必然的にそこに仮住まいされることになると思います。

 

しかし、ほとんどの場合は、どこか仮住まい先を探さなくてはなりません。最近では、レオパレスなどの家具付きの短期間賃貸をご検討される方もいらっしゃいます。一般的な賃貸住宅をご検討される方もいらっしゃいます。

 

そんな中で一番おすすめなのはUR賃貸(旧公団)です。まず費用を抑えることができることが最大の魅力です。礼金はなく仲介手数料もかかりません。敷金はかかりますが、短期で普通に過ごして頂く分には、ほぼ全額返ってきます。また、短期入居でも問題なく入居可能です。 

民間の賃貸と比べて20万円〜30万円ぐらい節約できる可能性があります。

地域によっては、それほど数多くあるわけではありませんが、仮住まい先をお探しの方は一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

IMG_1144