白色のタイルで打ち合わせしていましたが、同じ白でも様々な表情があり、結果9種類の焼き方でつくってくださいました。

 

確かに焼き方によって全然表情が異なります。壁1面に貼るとどうなるのか、想像しながらどの焼き方にしていただくかとても迷っています。

 

組み合わせやサイズなどは、1枚ずつ手作りなのでいろいろと対応していただけるとのことでした。。余計に迷います。

 

その後タイルを貼ってくれるタイル屋さんと、実際に貼れるかどうか、そして安全面で問題がないかなどを試作品をみながら打ち合わせしました。

 

少し改良する部分もありますが、ほとんど試作品の形状で問題なく貼っていけそうです。

 

窯元さんにお伺いしたところ、小学校や施設以外で丹波焼を外壁に使っているのは聞いたことがないとのことです。

 

地元のものを家づくりに使っていければと考えていますので、こういうものをより多くカタチにしていき、ご提案できればと思っています。

 

金額的には決して安いものではないですが、直接窯元さんに焼いていただくことで流通のコストを0にしています。

 

ですので実際にタイルを見ていただければ、安いと感じていただけると思います。

 

家づくりは、本当に多くの作り手の方の力や、さまざまな材料でつくりあげられます。よい作り手、よい材料とお客様が家づくりを通して出会っていただければと思います。

 

IMGP6589