宝塚市で新築工事がすすんでいます。

掘削も完了し、基礎工事です。

今回の基礎はベタ基礎。布基礎という基礎と違って一面すべて基礎になります。

鉄筋が組み終わり、配筋検査を受けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンクリートはとても固いです。圧縮強度という言い方をしますが、コンクリートは押し付けられる力にはとても耐えてくれます。しかし引張強度といって、例えばコンクリートの固まりを引っ張るとパキっと割れてしまいます。人力で引っ張ったぐらいではビクともしませんが・・・

 

だから、コンクリートの中に鉄筋を入れます。鉄は引っ張られる力にとても耐えてくれます。鉄の棒を引っ張っても伸びて耐えてくれるイメージです。

コンクリートのよいところと鉄のよいところを活かし合うのが鉄筋コンクリート。さらにコンクリートはアルカリ性なので酸で錆びる鉄筋をサビから守ってくれます。相性がとてもいいんですね。

配筋検査のあとにコンクリートを打設して基礎が完成していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、基礎の配筋の写真を見るとところどころに立ち上がりがあります。これは基礎の立ち上がりで、部屋の間仕切部分にあることが多いです。

だから立ち上がりを見ると、だいたい部屋の雰囲気や広さがわかります。なかなかイメージするのは難しいかもしれませんが・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうですか?リビングや廊下、お風呂など、これからできあがっていくお家を想像しながら、配筋の社内検査をすすめています。