HUS DESIGN初の東京物件は、リフォーム済み中古マンションのセルフリノベーションの設計監修です。

 

大学時代から友人の現代美術家のご主人様から依頼を頂き、専門家の立場でお手伝い。

 

今回はリフォーム済みの物件ですので、残すところ、つくるところを、ご夫婦といろいろお話ししながらの工程となりました。

技術的なことやコスト面のことも考えながらプランを整理しつつ、必要に応じて建具屋さんなど業者さんの手配もさせて頂きました。

解体後の土間コンクリートが良い味をだしていたので、土間として活かすことをご提案。

 

奥様のご実家から送られてくる野菜の仕分けを土間で。

わたしの祖母の家を思い出します。

 

施主様自身がつくることで、想いが詰まった空間ができあがったと思います。